自然代替療法研究ノート

自分の身体は自分で守り、健康で生きるには何が必要か、病気にならない身体、なりにくい身体をつくっていくにはどうすれば良いかという視点で、自然代替療法から超財テクまで各方面にわたり幅広く研究しているブログです。
<< 特定商取引法表示 | main | 遺伝子ミネラル療法について >>
超ミネラル水で不整脈が完治した!超ミネラル療法体験記

 

世界の動物園で利用!動物のプロが認めるドッグフード

 

超ミネラル療法体験記(1)

超ミネラル水で不整脈が完治した!!
 

【参考】

超ミネラル水とは、花崗岩から特殊な方法で抽出したバランスの取れた金属ミネラル水です。健康を維持するために絶対必要で、ミネラルは遺伝子とのかかわりが大きいことから、遺伝子ミネラル水溶液と命名されました。超ミネラル水溶液ともいいます。

 

超ミネラル療法とは、この遺伝子(超)ミネラル水を飲んで病気を治療する方法のことで、全国には、野島尚武先生(信濃町外苑クリニック)、新田紀夫先生(医療法人翠十字杜都千愛病院長)、沼田光生先生(海風診療所院長、医療法人仁徳会周南病院理事長)、白川太郎先生(ユニバーサルクリニック)など、この遺伝子(超)ミネラル療法で治療成果を挙げている医師もいらっしゃいます。


【参考】遺伝子ミネラル水溶液Q&A(1)  遺伝子ミネラル水溶液Q&A(2)

私は、この遺伝子ミネラル療法で「不整脈」が完治(大幅に改善)しました。これからその「いきさつ」についてお話します。

平成21(2009)年の秋の頃、私は、ひどい不整脈で苦しんでいました。朝から晩まで、激しい動悸がして心の休まることがありません。近くの総合病院「洛西ニュータウン病院」の内科を受診し(松本恵子先生)薬を飲んでいました。(この頃のコレステロール値190前後)

丁度その頃(10月初旬)のことです。30年来の友人である京都府相楽郡精華町の東(ひがし)さんから、「将来、インターネットで人生相談(運命鑑定)の事業展開をしたいので、インターネットのノウハウを教えてほしい」と依頼がありました。
(東さんは、京都南山城加茂の里、奈良春日大社系 三十八神社宮司 )

長年お付き合いしてきた友人からの依頼ですので、私は快諾し、10月21日から毎週一回、マンツーマンで特訓を開始しました。

京都市西京区の拙宅から精華町の東さん宅までは、バスや電車を使って片道80分ほどかかります。そこで一回宛の特訓時間は平均約7時間ほど実施しました。

最初の日は、パソコンの点検から始めましたので、夜遅くまで掛かってしまい予定はしていなかったのですが、とうとう東家に宿泊することになってしまいました。

その翌日の10月22日の午前中、いつもなら激しい不整脈に悩まされる時間なのに、その日は動悸が全然起こりません。

とても不思議に思いましたので、東さんに「ここに来たら体調が良くなった。不思議だ!」と告げ、午後、帰宅しました。

次に東さん宅へ出かけたのは、約一週間後だったと思います。この日は特訓を始めて約2〜3時間すると不整脈が緩和し体調がどんどん良くなっていきました。

東さんは神道家(三十八神社宮司)で、ご自宅にも神様をお祭りしていますので、ここの神様のご威光で動悸が起こらなくなったのかな?とか、ひょっとして風水(家相)のせいかな?とか、地面に活性炭や、備長炭が敷き詰めてあるのかも?とか、いろいろ想像して楽しんでいました。

これで二回も「不整脈」が緩和し、体調が良くなったので、「ここに来ると体調が良くなる!不思議だ!」と東さんにお話したところ、私(鈴木)が不整脈で苦しんでいると聞いたので、特訓の日は、毎回ジュースの中に、遺伝子ミネラル水(100倍水溶液・以下同じ)を30ml程入れて出した!と打ち明けられました。

東さんのお話を聞き、私は「遺伝子ミネラル水」のすばらしさに驚嘆しました。このとき私は、病院の薬は、飲用後8時間ほどで薬が切れると、また元どおり不整脈が出るため、薬は一時しのぎの対症療法であり、服用を続けると、むしろ副作用が怖いので、別の方法で直そうと思い、薬の飲用をやめていたのです。そのため体調が良くなったのは遺伝子ミネラル水の効果である事が確信できたのです。

5日間、毎日100ml飲用で体調良好に
東さんの気配りのお蔭でジュースと共に「遺伝子ミネラル水」を飲用・体験することができ、理屈抜きで「遺伝子ミネラル水」のすばらしさを体感できたのは本当に幸いでした。この日、東さんが特訓のお礼といって「遺伝子ミネラル水(500ml)」を一本下さいましたので、その日から5日間、一日に100ミリほど飲みましたところ、めきめき体調が良くなっていきました。

4週間後、不整脈が消え病院とおさらば
11月17日、予約が入れてありましたので、洛西ニュータウン病院で診察して頂いた所、主治医の松本恵子先生から「不整脈」が見られなくなったといわれました。(因みにこの日の血圧は140〜100でした)。

遺伝子ミネラル水を飲み始めてからまだ4週間しか経っていませんし、飲んだのは東さんのお宅で4日、自宅で5日、計9日でしたので、本当に不整脈が○った(大幅改善した)のか信じられませんでしたが、動悸がありませんので、この日を最後に通院するのをやめました。

シーガル株式会社の愛用会員に登録
連休明けの11月24日に遺伝子ミネラル水を販売するシーガル株式会社の愛用会員となり、11月末頃から毎日100ミリほど飲み続けました所、どんどん体調が良くなり、12月27日頃には不整脈はまったく見られず完治(大幅改善)してしまいました。

飲み続けるために代理店登録
この「遺伝子ミネラル水」は、私にとって素晴らしい妙薬だと分かりましたので続けて愛飲する為に、その年の12月にはシーガル株式会社の代理店になりました。

毎月の仕入れや販売ノルマなど一切なく、全商品代理店価格で購入できるので長期間愛飲する為に最適だと思ったからです。また、遺伝子ミネラル水は、素晴らしい健康食品だと確信しましたので、代理店になって卸価格で購入し、機会があれば知人や友人に紹介(プレゼント)したいと思ったからです。

5週間後バス停まで走れた
京都市で毎月開かれる「ミネラル講演会」が開催された平成22(2010)年1月10日、午前中インターネットで仕事をしていて、気がつくとタイムオーバーで、歩いていたんではバスの時刻に間に合いそうもなかったので、バス停まで約5分ほど走りましたが全然平気でした。全身が10年程若返ったような感じで毎日快調で嬉しくて仕方がありません。飲み始めてまだ5週間しか経っていませんでした。

半年後、眼精疲労が消えた
私は、当時、仕事で毎日パソコンを利用する時間が長いため、眼精疲労に悩まされていました。ミネラル講演会で点眼用として「遺伝子ミネラル水1:水9」の水溶液が効果的だと聞きましたので、早速実行したところ、ブルーベリーを食べたり、生姜温湿布をしたり、いろいろ努力しても直らなかった眼精疲労が消えていました。おそらく眼も若返ったのでしょう!気がついたのは点眼し始めてから約3ヶ月後、飲み始めて約半年後の事でした。もちろん充分目を休ませる休養も必要です。

1年後、元気で楽しい毎日
それから毎日60mlほど、遺伝子ミネラル水を飲み続けましたところ、体調がどんどん良くなり元気が出てきましたので、平成22(2010)年の春には余暇を利用して、近くの遊歩道脇の空き地を開墾して花畑を作り楽しんでいました。同年8月頃には自治会の役員(保健衛生部長)として活躍し、自治会員の要望に応え、猛暑の中、幼児遊園の樹木の剪定(枝はらい)をするなど、自分でも信じられないほど元気になって、楽しく毎日を過ごす事が出来ました。

  
        遊歩道脇の花壇(境谷小学校南側)

約2年半後、高血圧が正常値に
その後も健康維持のため、遺伝子ミネラル水を毎日60ml~90mlほど飲み続けたところ、体質が変化したのか、食生活が無理なく野菜中心に変わっていき、平成24(2012)年6月には、一年間で難なく約15キロの減量に成功し、20歳ごろのスリムな体格(身長168センチ体重68キロ)になりました。その頃、健康管理のため近くの総合病院で血液検査と血圧を測定してもらった所、半ば諦めていた高血圧(150〜100)が正常値(120〜80)に戻っていました。

3年後、生活習慣病と無縁の日々
平成24(2012)年10月、遺伝子ミネラル水を毎日60ml~90mlほど飲み続けて3年、野菜中心の食生活を続けたせいもあり、18ヶ月で約20キロの減量に成功し、高校時代のスリムな体格(身長168センチ体重62キロ)になりました。からだの動きが軽快で、長時間仕事をしても疲れにくく、肩こりや腰痛、また眼精疲労もありません。いわゆる生活習慣病と全く無縁の、健康で楽しい毎日を過ごしています(コレステロール値128)。これは、要するに、イオン化されたミネラルを吸収した身体が若返ったと考えられるのです。

4年後、癌や脳梗塞にならない自信が出る
平成25(2013)年9月、遺伝子ミネラル水を愛飲して健康管理を続けていけば、日本人の2人に1人が罹るといわれる癌や、脳梗塞・心筋梗塞などの生活習慣病にならないだろうという自信が出てきました。血圧は中学生並みの良好な数値です(115〜78)。(コレステロール値129)

4年間、一日も風邪で寝込まなかった健康の秘密
平成26(2014)年1月26日、この4年間を振り返ってみました。すると、遺伝子ミネラル水を飲み始めてから今日まで、一日として風邪で寝込んだことのない健康で快適な日々であった事が分かりました。今回は、その秘密をお知らせします。

私は、この4年間に「鼻水や痰が出たり頭痛がしたり、あっ!風邪に罹ったかな」と思ったときは4〜5回ありました。ミネラル講演会(健康セミナー)で、風邪かなと思ったら遺伝子ミネラル水を一度に体重の1.5倍ほど飲むと効果が有ると聞いていましたので、私は、その都度すぐに遺伝子ミネラル水を一気に100mlほど飲用し、就寝前にも100mlほど飲用してみました。すると翌朝は、スカットした気分で、風邪はすっかり治っていたのです。

6年間、健康で快適な日々、野菜作りを始める
平成27(2015)年7月16日、遺伝子ミネラル水を愛飲して足掛け7年目の誕生日(65歳)を迎え、毎日が健康そのもので、快適です。平成27(2015)年6月20日、西京区大原野石見町で、美しい水田地帯の中の畑をお借りして、有機野菜作りを始めました。朝夕の畑仕事が楽しく、幸せを満喫しています。

ミネラル講演会で約1時間のスピーチ、会場沸かす
平成27(2015)年9月12日、ミネルヴァ ミネラル健康学習セミナー講演会で約一時間ほどスピーチさせて頂きました。熱弁をふるっての体験談「遺伝子療法について」は、好評で、心身ともに超元気であることを証明しました。自分では40台の後半の頃の若さと思っています。この日の講演内容をまとめて「
講演要旨 遺伝子ミネラル療法について 」を作成しました。
 
13回目の献血で、400ミリの採血があっという間に終了
平成27(2015)年9月17日、近くの商店街「ラクセーヌ」で日本赤十字社の献血が行われていたので、郵便局に行ったついでに献血しました。約一年ぶりのことで、通算13回目でした。何分くらいかかりますかと聞くと、約20〜30分とのことでしたが、5分くらいで終了しました。看護士さんが、やわらかい弾力性の有る血管ですね!と感心され、何か特別なことをやっているのですかと聞かれましたので、遺伝子ミネラル水を足掛け7年飲んでいますと答えました。


遊歩道脇の花壇を増設し地域住民をから感謝される
平成27(2015)年12月20日ごろから年末までの仕事の無い日を使って、近くの遊歩道脇の雑草の生い茂る空き地を開墾して花壇を増設しました。面積は畳一枚ほどですが、地面を50センチ以上掘り上げて、樹木や雑草の根を取り除くという作業です。その作業現場脇の遊歩道を通行中の近くの酒屋の若奥さんが「大工事ですね〜」と声をかけるほどの、かなり大変な作業でしたが、全く平気でした。遺伝子ミネラル水を飲み始めて七年目の功徳でした。

遺伝子ミネラル水を愛飲して満7年、日に日に若返っていく66歳の私
平成28(2016)年10月8日、遺伝子ミネラル水を愛飲して満7年、66歳の私は、肉体年齢40代後半、日に日に若返っていくのが実感されるこの頃で、公私共に充実した毎日です。

 


わんちゃん(犬)のアトピー性皮膚炎が完治した
知人のKさん(京都市西京区御陵大枝山町)が大切に飼育している愛犬が、胸・腹のアトピー性皮膚炎に罹り、動物病院で治療したが一向に良くならないというお話を聞いたので、平成22(2010)年12月、遺伝子ミネラル水(スーパーミネマックス)の飲用と患部への塗布をお勧めしたところ、少しずつ良くなっていき、1年後の平成23年(2011)年12月には、完治していました。遺伝子ミネラル水で人間のアトピー性皮膚炎が完治した例はたくさんあるでしょうが、わんちゃん(犬)のアトピー性皮膚炎が完治した例は珍しいのではないでしょうか。
【参照】
愛犬の体重が10キロでしたので、毎日、遺伝子ミネラル水10ミリグラムを水と一緒に飲ませ、一日1回遺伝子ミネラル水の原液(100倍水溶液)を患部に塗布(スプレー)していただきました。

 

 

男の自身を取り戻せ!全米のサプリ大国でバカ売れしているペニトリンが日本へ登場!

 

 

 

| 遺伝子ミネラル療法 | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kawaiya.0394.daa.jp/trackback/114270
トラックバック